こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
2015年 05月 24日 ( 6 )
どうすんだよ
b0002954_19355752.jpg


なつかしいCMを思い出しました。

どうすんだよぉ、

えぇ?

ほんとにこんなドジなハンパもんこせえやがって、

ひどいもんだねぇ、
使いもんにもなんにもなりゃしねぇじゃねぇか

えぇ? ほんとにおめぇ、

うちへ転がり込んできたとき、
一人前だって言うから、

おめぇ、弟子にしてやったんだ
ところがどうだ?

いいところなんか、ひとつもねぇじゃねぇか

材木持たせりゃ重たがるし
夜なべ仕事は眠たがる

弁当持たせりゃ食いたがる

あ、おい、

寄越せよ、瓶を、

トリスだよ!

おっ、、、

呑んじめぇやがった

こんの野郎、え?

どうしてくれるんだよ!

え? どうすんだ!

どうするんだ!

どうすんだよぉ!




 


人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2015-05-24 19:45 | Watching | Comments(0)
おばちゃん、こっちにもちょうだい
b0002954_17102110.jpg


大原女の伝統を口にするまでもなく、
京町家の暮らしは周辺農家による京野菜生産に支えられてきた。

当初は徒歩だったのでしょうが、
明治以降、都市化が進むに従い、
大八車を使う「振売り」スタイルが長く続いたようだ。

b0002954_1739372.jpg


しかし、時代とともに都市化が進むと、
通勤圏の拡大、ドーナツ化現象にともなって、
蔬菜の供給元はどんどん遠くなるわけで、
関東における京成線、常磐(成田)線にみられたような
「担ぎ屋」という行商スタイルが出てきても不思議ではない。

b0002954_17515618.jpg


まあ、実際のところ、目的を同じくする振売りの伝統があったがために、
また、鉄道の便が非常に限られるという京都の特性から、
あまり、関東でいう「千葉のおばさん」みたいな業態は
生まれにくかったのかもしれません。

だから、これから書こうとしているエピソードには
自分でもびっくりしたのを今でも憶えています。

b0002954_1758737.jpg


その日、私は滋賀県にある勤務先の事業所に向かっていました。
これから4週間、そこに滞在する予定だったのです。
新幹線を下りて京都線(東海道本線)ホームから、
名古屋方面行きに戻る格好になります。

昭和58年といいますから、今から32年前でしょうか。
9月になったばかりの、とても蒸し暑い夕方でした。

生まれて初めて乗った通勤ラッシュのJR京都線下り電車。
身動き取れない状態で、皆、じっと押し黙って乗っています。
そんな中 に、東京で言えば常磐線を利用するような、
かつぎ屋姿のおばちゃんが乗っていたんですね。

いつもならもっと早い時間に帰るのでしょうが、
なにかの都合で帰宅ラッ シュのど真ん中。
商売用の野菜を入れてきたものでしょう、
大きな荷物を持っているものだから、
周りに「すんまへん、すんまへん」と低姿勢です。

駅に停車す るたびに人の出入りがあって、
たしかに邪魔になるのですが、
そのたびに「すんまへん、すんまへん」。

頭にかぶっていた手ぬぐいで
やっと首筋の汗を拭うおばちゃん。

なにか、ごそごそ荷物をいじっていると思ったら、
缶ジュースを取り出して周りの人にすすめ始める始末。
でも、遠慮してるのでしょうか、最初は誰も手を出しません。
「おにいちゃんもどうぞ」 おばちゃんは私にも声をかけます。

と、その声が聞こえたんでしょう、

「おばちゃん、こっちにもちょうだい」

と離れた場所か ら大きな男性の声。
おばちゃん、どうしようと焦った顔をしていたけれど、
なんとそれまで殺気立っていた車内が一気に笑いに包まれ、
なんとも言えない良い雰囲気に。

タイミングの良い、気の利いた一言。

いいですね。

 


人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2015-05-24 18:29 | Misc. | Comments(0)
「みるく世(ゆ)がやゆら」 
「みるく世(ゆ)がやゆら」 与勝高校3年 知念捷




「みるく世(ゆ)がやゆら」 与勝高校3年 知念捷
みるく世(ゆ)がやゆら

平和を願った 古(いにしえ)の琉球人が詠んだ琉歌(りゅうか)が 私へ訴える

「戦世(いくさゆ)や済(し)まち みるく世ややがて 嘆(なじ)くなよ臣下 命(ぬち)ど宝」

七〇年前のあの日と同じように

今年もまたせみの鳴き声が梅雨の終(おわ)りを告げる

七〇年目の慰霊の日

大地の恵みを受け 大きく育ったクワディーサーの木々の間を

夏至南風(かーちーべー)の 湿った潮風が吹き抜ける

せみの声は微(かす)かに 風の中へと消えてゆく

クワディーサーの木々に触れ せみの声に耳を澄ます

みるく世がやゆら

「今は平和でしょうか」と 私は風に問う

花を愛し 踊りを愛し 私を孫のように愛してくれた 祖父の姉

戦後七〇年 再婚をせず戦争未亡人として生き抜いた 祖父の姉

九十才を超え 彼女の体は折れ曲がり ベッドへと横臥(おうが)する

一九四五年 沖縄戦 彼女は愛する夫を失った

一人 妻と乳飲み子を残し 二十二才の若い死

南部の戦跡へと 礎へと

夫の足跡を 夫のぬくもりを 求め探しまわった

彼女のもとには 戦死を報(しら)せる紙一枚

亀甲墓に納められた骨壺(こつつぼ)には 彼女が拾った小さな石

戦後七〇年を前にして 彼女は認知症を患った

愛する夫のことを 若い夫婦の幸せを奪った あの戦争を

すべての記憶が 漆黒の闇へと消えゆくのを前にして 彼女は歌う

愛する夫と戦争の記憶を呼び止めるかのように

あなたが笑ってお戻りになられることをお待ちしていますと

軍人節の歌に込め 何十回 何百回と

次第に途切れ途切れになる 彼女の歌声

無慈悲にも自然の摂理は 彼女の記憶を風の中へと消してゆく

七〇年の時を経て 彼女の哀(かな)しみが 刻まれた頬(ほお)を涙がつたう

蒼天(そうてん)に飛び立つ鳩(はと)を 平和の象徴というのなら

彼女が戦争の惨めさと 戦争の風化の現状を 私へ物語る

みるく世がやゆら

彼女の夫の名が 二十四万もの犠牲者の名が

刻まれた礎に 私は問う

みるく世がやゆら

頭上を飛び交う戦闘機 クワディーサーの葉のたゆたい

六月二十三日の世界に 私は問う

みるく世がやゆら

戦争の恐ろしさを知らぬ私に 私は問う

気が重い 一層 戦争のことは風に流してしまいたい

しかし忘れてはならぬ 彼女の記憶を 戦争の惨めさを

伝えねばならぬ 彼女の哀しさを 平和の尊さを

みるく世がやゆら

せみよ 大きく鳴け 思うがままに

クワディーサーよ 大きく育て 燦燦(さんさん)と注ぐ光を浴びて

古のあの琉歌(うた)よ 時を超え今 世界中を駆け巡れ

今が平和で これからも平和であり続けるために

みるく世がやゆら

潮風に吹かれ 私は彼女の記憶を心に留める

みるく世の素晴らしさを 未来へと繋(つな)ぐ

(ルビは朝日新聞による)


「今は平和でしょうか」沖縄戦没者追悼式 平和の詩全文(朝日新聞)

「首里城明渡し」小論 (琉球大学学術リポジトリ)

命どぅ宝 - Wikipedia
命どぅ宝(ぬちどぅたから)とは、沖縄方言で「命こそ宝」という意味の言葉。主として沖縄で反戦平和運動のスローガンとして用いられる。

沖縄県出身の画家で作家の山里永吉(1902年-1989年)が1932年(昭和7年)に書いた戯曲『那覇四町昔気質』が原典とされ、同戯曲の幕切れに「いくさ世もしまち みろく世もやがて 嘆くなよ臣下 命どぅ宝」という琉歌を詠む台詞がある[*]。この琉歌の作者は同戯曲を書いた山里永吉とも、同戯曲の舞台で尚泰王を演じていた俳優の伊良波尹吉ともされる。

沖縄戦を舞台とした「命どぅ宝 ― 響け平和の鐘」と題する反戦劇は、戦争を訴える演劇として中学校の文化祭などをはじめ、県内さまざまな場所で演じられている。

また、伊江島には「命どぅ宝の家」という建物がある。


* 仲程昌徳 「首里城明渡し 小論」 - 琉球大学学術リポジトリ

   


人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2015-05-24 07:49 | Movement | Comments(0)
回覽板
b0002954_6431283.jpg


進駐軍がやってくることについての、
一般国民への周知方法はなんと「回覽板」だった!
回 覽 板   其ノ一       神奈川縣

一、聯合軍が近く進駐する爲、之を受入れる準備として明日
より皇軍は神奈川縣一帶から撤退することになり、之に關
する詳細の政府發表が二十二日朝、新聞、ラヂオ等で示さ
れてゐます、聯合軍の進駐は一切我政府と折衝の結果、平
和的になされるので、暴行、掠奪等萬無きものと信ぜられ
ますから皆様は平常通り安心して生活して居て下さい

二、皆様が勝手に移動したりすると非常な混雑をし、皇軍が
速やかに秩序正しく撤退することに非常な支障を來し、却つ
て治安上害がありますから沈着冷靜に御協力願ひます
また軍隊輸送の爲此處二、三日は汽車バス等には一般の皆様
は乗れないと思ひますが、官公吏、運輸、通信、金融機關
從事者及び食糧等の配給に從事する者を除き、その他の通
勤者は家に居っても宜敷く家事の都合等の爲乗車する方も
我慢をして戴きたい、勿論之に依って食糧、生活物資の配給
に支障を來さない様、縣では萬全の措置を講じて居ります

三、聯合軍が進駐した後も從來通り警察、憲兵が治安の取締
りに當って居りますから決して心配する必要はありません

四、皆様は絕對警察憲兵等に信賴して、つまらぬ流言や臆測
をせず沈着冷靜職場を守り落着いて家業に精勵して下さい

五、今後の成行に就ては常に町會長、部落會長を通じ叉は皆
様に直接お知らせ致しますから全て當局の指示を守つて行
くことが此際お國に盡す道であります

六、聯合國の軍隊が上陸して來るのは二十六日以降ですがこ
の場合の心得は續いて回覽板でお示しします


日本ニュース 第256号「米軍進駐」(NHK 戦後史証言アーカイブス)
b0002954_6573297.jpg

 先の我がポツダム宣言受諾の通告により、連合軍は逐次東京湾周辺地域に進駐することになりましたが、8月28日、アメリカ軍先遣部隊150名が、輸送機により沖縄基地から神奈川県厚木飛行場に到着しました。

 先遣部隊はテンチ大佐指揮の下に、ここに日本本土への第一歩を印したわけですが、進駐は円満に行われました。

 明けて29日より、アメリカ軍は大型四発輸送機をもって進駐を継続。アメリカ軍の行動は、時間的にきわめて正確であるばかりでなく、ただちにジープ、つまり小型軍用車を飛行機より降ろして、活発に行動。その能率的一面を示しました。

 連合軍最高司令官マッカーサー元帥は、8月30日、輸送機バターン号により飛行場に到着。

 出迎えのアメリカ第8軍司令官、バーカー中将と握手を交わす。マッカーサー元帥はただちに声明を発表。日本の誠意により、摩擦も流血もなく、戦争終結は円満に成就するであろうと述べました。

 これより先27日、連合軍の艦船による進駐部隊は、相模湾逗子沖に停泊。

 1万3000のアメリカ海兵隊は30日、百数十隻の上陸用舟艇をもって、横須賀地区に上陸を開始しました。

 戸塚横鎮長官とアメリカ軍指揮官バッジャー少将との間に、同地区進駐の事務手続きが行われました。 

 アメリカ軍は、引き続き横浜地区にも進駐しました。


   


人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2015-05-24 06:58 | Reading | Comments(0)
路傍の
b0002954_6584244.jpg

ハイドランジア


b0002954_6584396.jpg


b0002954_6584491.jpg


b0002954_6584414.jpg


まだまだ、これからですね!


   


人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2015-05-24 06:57 | Watching | Comments(0)
おはようございます
b0002954_634982.jpg

雨は降っていません。


b0002954_6341199.jpg


b0002954_6341242.jpg



   


人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2015-05-24 06:33 | Watching | Comments(0)