人気ブログランキング |

こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
女子医学生、人工呼吸で虎児を救う
アニマルハット・トラ アニマルハット・トラ
()
アイコ

商品詳細を見る

[ベルリン発ロイター] ドイツ東部のHalleという町にある動物園で、ドイツ人の医学生が予期せぬ臨床経験を積んだ。肉片をのどに詰まらせた赤ちゃんトラに人工呼吸を施し、救命したのだと、動物園のアンドレアス・ヤーコプ園長が1日明らかにした。

この女子学生は数週間前、自分の息子を連れて動物園のトラ舎を通りかかった際、4ヶ月になるトラの赤ちゃんが肉をのどに詰まらせていることに気づき、困り果てていた飼育係に援助を申し出たのだった。

「トラは肉を食べようとしたのですが大きすぎ、のどに詰まらせて、振り回し、倒れてしまいました。」と、イェニネ・バウアーさんはMDRラジオのインタビューに答えて言った。
「私たちは肉片を取り出しましたが、彼は呼吸をしていませんでした。そこで、私はマウス・トゥ・マウスの人工呼吸を行ったのです。」と彼女は付け加えました。「3分から5分くらいしたら、彼は生き返りました。神様に感謝しています。」

動物園では1日、バウアーさんに感謝する式典を行うとともに、彼女の1歳になる息子の名前にちなんで、このトラを「ヨハン」と名づけました。

Student's mouth-to-muzzle saves tiger cub (Reuters)

★いい話、いや、本当にいい話なんですが、、、
  虎の母親は何してたんでしょうね?

 今話題のパルスオキシメーター!クリップタイプで軽量!携帯の便利です。指を入れるだけの簡単...





人気blogランキングへ
by HOOP | 2008-02-04 19:43 | News watch | Comments(2)
Commented by maplepancake at 2008-02-04 22:26
会社で救急救命士の講習を受けたのですが、マウスピースみたいなやつを使っても息を吹き込むのは結構難しかったですよ。
さすが「バウアー」という名前だけのことはある?(ちょっと違うかも(^^;)
Commented by HOOP at 2008-02-04 23:08
>maplepancakeさん
そう、結構きついですよね。
私も経験(人形)がありますが、なかなか体力勝負。
が、目の前に処置が必要な人がいたら、
マウスピースのあるなしは考えていられません。
携行するかどうか、いや、誰かがくれたら携行するでしょうね。
<< 「ロリータ」 回収へ 紫色の落花生 >>