人気ブログランキング |

こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
百時間 雪隠詰めサバイバル
 サンラッキー (SunLucky) ソフトローンボウルスセット RS-S

冬季にはほとんど使われることのないスコットランドのローン・ボウリング・クラブで
男子トイレに100時間閉じ込められていた元教師の男性(55)が救出された。

凍える寒さの中、足をお湯に漬けることで寒さをしのいだのだとか。

「少なくともトイレに困ることはなかった。
 残念なのはここがバーじゃなかったってことさ。」とは本人談。

 置くだけで暖房便座に便座ホットシート「アイラブウォーマー」

Man freed after 100 hours trapped in a lavatory
LONDON (Reuters) - A retired Scottish school teacher was recovering on Monday after spending nearly four days trapped inside a men's toilet with no food or mobile phone.

David Leggat was locked inside the bathroom at a lawn bowling club near the Scottish city of Aberdeen after the door jammed and the handle on the outside fell off.

The 55-year-old kept warm by dipping his feet in hot water but only managed to get about three hours' sleep a night in the freezing temperatures, the local Evening Express newspaper reported.

He was rescued when the cleaner at the club, which is little used in winter, turned up to collect her cleaning equipment.

Leggat said a survival course he had once done had helped him endure his captivity. The cleaning lady said he looked shaken and grey when he emerged. Leggat was stoical.

"At least there was a toilet to use," he said. "The only thing I regret is not getting trapped behind the bar."

(Reporting by Luke Baker; Editing by Elizabeth Piper)






人気blogランキングへ
by HOOP | 2007-12-11 18:33 | News watch | Comments(0)
<< 蜘蛛の糸 うれしい出来事 >>