人気ブログランキング |

こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
見事に民意をコントロールしたヨルダン政府(下)
今回の人質事件をきっかけに、
ヨルダン政府は民意をコントロールすることに見事に成功しました。
その方法は、どこの国であっても、もちろん日本でもとても有効な方法だと思われます。
もしそうなれば、誰が、どのように
日本が戦争に向かうことにブレーキをかけられるのでしょうか?

見事に民意をコントロールしたヨルダン政府(中)からの続きになります。
最初から読まれる場合は、見事に民意をコントロールしたヨルダン政府(上)をご覧ください。

引き続き、朝日新聞アフリカ特派員の三浦英之さんがTwitterに投稿した
最新取材記をご紹介します。

ヨルダン市民は操縦士救出を強く願っており、死刑囚と後藤さんを交換すれば、国内に極めて不安定な状況が生まれる。イスラム国の狙いは、ヨルダンの治安を悪化させ、ヨルダンと日本の関係を阻害することだった
b0002954_20265781.jpg


ここで外交委員長はとんでもないことを口にする。「操縦士は5割の確率で殺害されている」。慌てて付け加えた。「残りの5割は拷問で体にアザがあるために示せない」。市民が救出を叫んでいる最中の「殺害発言」。彼は知っていたのではないか
b0002954_20293852.jpg


その夕、大使館前でヨルダン市民による後藤さんの追悼集会が開かれた。現場で取材したが、日本を思うヨルダン市民の気持ちは間違いではないものの、あの演出は過剰だと感じた。参加者の多くが政府系組織の要請できていることを半ば認めた
b0002954_20313728.jpg


私が知る限り、集会があったのはあの場だけ。彼らは大型バスに乗ってやってきた。ヨルダンは日本から多額の支援を受けている。しかし今回交渉は失敗に終わった。政府主導。ろうそくの火を見ながら、厭な味が舌に残った。
b0002954_20334342.jpg


後藤さんの殺害で日本メディアが帰り始めた。直後、操縦士殺害の映像が流れる。まるで映画のように効果を狙った上で生きた人間を焼き殺す。すぐに父親が待機している集会場に向かった。外では千人の市民が怒りの渦のようになっていた
b0002954_20351919.jpg


多くが政府を非難していた。一触即発の状態になったとき、死刑囚の死刑執行の情報が流れた。すると人々は一気に沈静化し、死刑執行と復讐、政府を支持する掛け声だけが延々と続いた。私は恐ろしくなった。政府による情報操作。コントロールされている
b0002954_2037793.jpg


翌日、再び操縦士の故郷に向かった。午前9時に行くと、死後一度も姿を見せていなかった父親がいた。カメラマンと2人で単独会見。日本への感謝を口にした。地元のテレビ局が2社いたが、海外メディアとしては初のインタビューだった
b0002954_20392055.jpg


村の中心にテントが張られ、村人ら600人が詰めかけた。追悼礼拝の最中、爆音をあげて戦闘機が村の上空を飛び去った。カメラマンの話ではその瞬間、父親が「おお、息子よ」と叫んだという。父親が感情をむき出しにしたのは、最初で最後だった
b0002954_20414155.jpg


少し書きすぎたかもしれない。でも今回は思い切って書くことにした。日本は潮流に巻き込まれていくと思う。アフリカで取材するものとして、この「悲劇」が日常化しないことを願わずにはいられない。日本はすばらしい国です。誰がなんと言おうと(終)
b0002954_20432557.jpg


以上です。

最初から読まれる場合は、見事に民意をコントロールしたヨルダン政府(上)をご覧ください。


 


人気blogランキングへ
by HOOP | 2015-02-11 20:27 | News watch | Comments(2)
Commented by mi-mamam1 at 2015-02-11 21:39
なんとコメントしたらいいのか。重いですね。

コントロールされる人にもする人にもならないでいられたらいいのにと思います。不動心、持ちたいです。
Commented by HOOP at 2015-02-11 21:49
>mi-mamam1さん
日本も今,安倍さんが事を急ぐもんだから反発されているだけで、もっとマイルドな人が首相だったら、もっと国民の考えが一致してしまうかもしれませんね。ああ、恐ろしい。
<< でこぽん 見事に民意をコントロールしたヨ... >>