人気ブログランキング |

こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
なんですか? それは!
b0002954_2344937.jpg

「被曝限度? 知らない、知りたくもない」
北関東被災地に意図的蒙昧の傾向 ~「茨城・群馬・栃木」国立大学有志が報告
 2014年2月8日、東京・白金にある明治学院大学で、「終わらない3.11原発震災の被害―北関東の被災者・福島県からの避難者調査から考える―」アンケート報告会・パネルディスカッションが開かれた。

 フクシマショックから3年近くが経過する中、福島のみならず、茨城、群馬、栃木の北関東でも放射能汚染が続いていることを、当該する3県の国立大学の有志が、実施したアンケートの結果に基づいて訴えるのが、この集会の大きな目的だ。

 主催者側は「北関東では、福島に匹敵する汚染度合いが確認されている」と指摘。にもかかわらず、国の対策は、福島のそれよりも水準が低く、メディアは、3県のそういった窮状にあまり関心がない、とのこと。

 アンケート結果は、北関東でも今なお、多くの人たちが放射能汚染の恐怖と対峙しながら、日々の生活を送っている様子を浮かび上がらせる。

 しかし、それと同時に、別種の厄介な問題が存在していることも、浮き彫りにされた。住民側に、「被曝リスク」に関する知識が圧倒的に不足しているのだ。どうにもならないことでストレスを抱えたくないから、あえて放射能汚染がらみの情報には接しないようにする、という価値観がだいぶ広がっていることがわかる。

 それは、食品安全や健康を巡る、自治体による検査型の支援事業の、利用率の低い数値にも表れる。「北関東の住民は、もはや放射能汚染を恐れていない」と解釈される可能性すらある、アンケート結果のそういった部分に、実施者側は、ある種の苛立ちを感じているのではないか。宇都宮大学の清水奈名子氏は、「われわれアンケート実施者の役割は、被災者や避難者の側には支援ニーズが存在していることを、国や県に確実に伝えることにある」と強調している。

 なお、質疑応答では、被災地に目立つ「アンケート疲れ」に関する質問が飛んだ。いろいろな市民グループのアンケートに頑張って答えても、自分たちの願いは、いっこうに政策に反映されないという、被災地に漂う住民の不満の代弁でもあり、この質問の指摘は正鵠を得ている。当該するアンケートの実施者の目に前には、対処が不可欠な「壁」が存在するのだ。

(続きを読む)


まあ、それが現実なんですよ。

そういうことを理解した上で、廃炉、廃原発の運動もしていかないとね。


 


人気blogランキングへ
by HOOP | 2014-09-21 21:25 | News watch | Comments(0)
<< おはようございます 鎌倉市 >>