人気ブログランキング |

こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
『東電・原発おっかけマップ』が配本拒否?


66回目の敗戦記念日に、こんなニュースを見かけるなんて、
私たちはなんというすばらしい国に暮らしているのでしょう。

それにしても、みなさん、なぜ黙っていられるのでしょう?


東電経営者らの「おっかけ」本――大手取次各社が委託配本拒否
 東京電力・福島第一原発事故の責任者を追及した書籍が、大手取次各社の委託配本拒否にあっていることがわかった。

 配本拒否にあったのは、鹿砦社特別取材班編著の『東電・原発おっかけマップ』。同書では、小出裕章・京都大学原子炉実験所助教、西尾漠・原子力情報資料室共同代表ら識者の解説とともに、福島原発事故の「戦犯」を追及するとして、東電経営者らの豪邸の住所や写真、地図を公開している。

 鹿砦社の「おっかけマップ」シリーズでは、過去に芸能関係の「マップ」がプライバシーの侵害などを理由に裁判所から差し止め命令を受けたことがあるが、今回は「今のところ、法的手続きをとった事実はありません」(東電広報部)。

 新刊本は、取次が全国の書店に見計らいで配本し、「委託扱い」で店頭に並ぶことが多い。そのため、委託配本がなければ、読者の購買機会が大きく制約される。

 委託配本を拒否しているのは、日本出版販売(日販、古屋文明社長)、トーハン(近藤敏貴社長)、中央社(風間賢一郎社長)など。

 取材に対し日販は、「コメントいたしかねます」(広報課)。トーハンは、「個々の出版社様とのお取引のことなので、お答えできません」(広報室)。中央社は、「『私どもに合わない』というと語弊があるが、注文がないから流さないだけ。そもそも、すべての新刊を配本するわけではありません」と主張した。

 表現の自由をめぐる問題に詳しい田島泰彦・上智大学教授は「東電幹部らは純粋な私人ではないので、本の内容は公共的事柄にかかわると考えられる。その評価は読者に委ねるのが原則で、裁判も起きていないのに『自主検閲』で本を止めてしまうのはまずい」と指摘する。

 伊藤高史・創価大学教授も、「本を見ていないので断定はできないが、原発批判本の出版には公共性がある。流通を寡占的に支配する大手取次は、『自主規制』には慎重であるべきだ」とコメントする。

 鹿砦社の松岡利康社長は、「被災者は仕事も故郷も奪われた。いったい誰のせいなのか、そこがあいまいでは前に進めない」と出版の意図を明かした。なお取次各社は、書店や読者から注文があれば配本に応じており完全な “焚書” ではないようだ。

(北健一・ジャーナリスト、7月29日号)


原発の闇を暴く (集英社新書)
広瀬 隆 明石 昇二郎
集英社 (2011-07-15)
売り上げランキング: 11656




人気blogランキングへ
by HOOP | 2011-08-15 18:19 | News watch | Comments(1)
Commented by 地熱応援団! at 2011-08-21 17:59 x
よく「再生可能エネルギーは安定供給が難しい」とテレビなどで発言を聞くことがあります。確かに太陽光発電や風力発電は発電量、および電圧の安定が技術的にまだ難しいのが現実です。
 しかし「地熱発電」は、風がない日も、雨の日も、夜であっても24時間、電力の安定した発電が可能な技術です。

確かに地熱発電は建設に時間がかかります。日本では10年以上、海外でも最低5年以上も建設に時間がかかっています。しかし原発も建設には時間がかかっていました。さらに言えば「もんじゅ」は1985年に着工したというのに、いまだ1キロワットも発電していません。
 また海外では5年程度で地熱発電所が建設できた事例があるのに対し、日本で10年以上の時間がかかっているのは日本に地熱の技術がないからではありません。海外でも日本の技術が地熱発電に使われています。これは日本での地熱発電所に対する国の規制(邪魔をしているようです)が厳しく、また予算も出ていないからです。

●技術総合誌『OHM』7月号「特集・地熱発電」
http://203.183.224.5/ohm/201107h.htm
●新技術「高温岩体発電」
http://criepi.denken.or.jp/research/review/No49/index.html
<< 唯願わくば愛する日本を偉大なら... St. Valentine&#... >>