人気ブログランキング |

こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
手取り足取り


生レバーの禁止検討 牛の生肉提供、周囲加熱を条件に
 厚生労働省の食中毒・乳肉水産食品合同部会は28日、牛の生レバーを食品衛生法の規制対象にすることを検討すると決めた。牛のレバ刺しで食中毒が多発しているためで、規制対象になると提供が禁止され、違反すると罰則が科される。牛の生肉については、現在は削り取る「トリミング」をするよう指導しているが、周囲の加熱処理を提供する際の条件とすることを検討する。

 牛の生肉の提供について同省は1998年に通知した衛生基準を守るよう行政指導しているが、罰則はない。焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受け、10月にも食品衛生法に基づく規格基準に格上げして罰則を適用できるようにする方針。

 生レバーは健康な牛からも細菌が見つかっており、同省は衛生基準を満たしても提供しないよう指導している。この日の部会では消費者団体の委員から「臓器以外の生肉より危険性が高い。法律で提供を禁止すべきだ」との指摘があり、来月の次回部会で生レバーの微生物汚染のデータを基に、法規制するかを検討する。

 牛の生肉については、同省は「トリミングしても細菌を完全に除去できない」と説明。今後の議論で周囲の加熱処理が基準に盛り込まれると、飲食店などがユッケなどとして提供できるのは、熱が伝わっていない肉の中心部分だけになる。

 同省は馬刺しなど生の馬肉も法規制の対象とすることを提案したが、委員から「菌による食中毒の影響が少なく、現行の衛生基準も比較的守られている」という指摘があり、法規制の対象から外す。豚肉や、鳥刺しなど鶏肉については、10月以降に順次検討する。


そんなに馬鹿にされても、
「安心」なんて言っていられる国民だと思ってるんでしょうかね。

既に消費者団体代表の委員が「おかしい」と問題点を指摘したそうですが。


上下に配置した動画は、
食品衛生に関して啓蒙するためにUSDA(米国農務省)が作製した動画ですが、
これこそ既に、頭がおかしいとしか思えません。

日本を、この動画に見られるような、
妙な説明の仕方をしてまで注目させないといけない、
アメリカのような国にしてはいけないと思わないのだろうか?


国民から考える力を奪おうとしている、としか思えないんだが、、、









by HOOP | 2011-06-30 20:45 | News watch | Comments(0)
<< 逮捕はつらいよ ローマには猫が多い >>