人気ブログランキング |

こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
昨日、総務省記者クラブで何があったのか



総務省の記者会見場では、法人でなければ、映像による中継を行うことができない。

そんなルールがあるのだそうである。

すなわち、フリーランスのジャーナリストは個人の立場なので、
そうした行為を禁じられているというわけだ。

しかし、禁じている主体は誰かと言えば、総務省や総務大臣ではない。

つまり、総務省記者クラブという組織がそういうことを決めているのである。

片山総務大臣は民主党政権の基本方針であった記者会見のオープン化に
非常に消極的であるということ、そして総務省記者クラブという組織が
総務省内にある、すなわち国の施設である記者会見場を、
不法に占有しているという実情を、国民のすべてが知る必要があるだろう。

動画の核心部分は35分10秒から、、、



違法自治体提訴へ法改正と総務省 「分権逆行」と反発も

ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト 〜その1〜

ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト 〜その2〜

ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト 〜その3〜

ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト  〜その4〜

ついに激突! 記者クラブVSフリージャーナリスト 〜その5〜


@tanakaryusaku 田中龍作
フリージャーナリストに対する記者クラブのお裁きが下った。「記者クラブ問題に関する質問が繰り返されることは極めて遺憾。円滑な運営を妨げるようであれば記者会見への出席を認めない」というものだ。幹事社からフリーランスの畠山理仁氏に昨夕、お沙汰があった・・・(つづく)

@tanakaryusaku 田中龍作
(つづく・より)・・つまり、“お前ら、これ以上記者クラブについてガタガタ言うと出入り禁止にするぞ” ということだ・・・詳しくは→ http://tanakaryusaku.seesaa.net/



記者会見ゲリラ戦記 (扶桑社新書)
畠山 理仁
扶桑社
売り上げランキング: 285






by HOOP | 2011-01-06 18:58 | News watch | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2011-01-07 09:31
この問題についてほとんどの人たちは何もわかっていないような気がします。
メデイアが報じないんだから当然ですが。
Commented by HOOP at 2011-01-07 17:32
>saheizi-inokoriさん
異常ですね。
知らしむべからず、を実践しているのは
巨大な既得権益と化した「報道」機関なのですから。
<< 今夜はコレ 今夜も評価を下げた >>