人気ブログランキング |

こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
はやぶさ半ひねり


はやぶさ7年ぶり地球帰還へ 太陽5周60億キロの旅
 【ウーメラ(オーストラリア)共同】2003年5月に打ち上げられ、小惑星「イトカワ」への着陸を果たした宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」が13日夜、オーストラリア南部ウーメラ付近の砂漠を目がけて大気圏に突入、7年ぶりに地球に帰還する。

 月以外の天体との往復は世界初の快挙。トラブル続きで当初予定から3年遅れの帰還となり、太陽の周りを約5周する、約60億キロの長旅となった。

 はやぶさは13日午後8時すぎ(日本時間同8時前)、探査機本体からイトカワの砂が入っている可能性のあるカプセルを分離。カプセルは中華鍋のような形で直径40センチ、高さ20センチ。

 同11時すぎ(同11時前)、はやぶさは大気が薄く存在する高度200キロに秒速約12キロで突入。本体は燃え尽き、耐熱加工したカプセルだけが落下し続け、高度約10キロでパラシュートを広げ、砂漠に落下。小惑星の物質が地上に回収できればこれも世界初で、太陽系の形成初期を理解する貴重な手掛かりになる。

 はやぶさは、将来の本格的な宇宙探査に向けた技術の実証機。小惑星への接近、着陸、岩石や砂の採取、地球への飛行、回収といったさまざまな技術を試した。


はやぶさが帰ってくる。

カプセルをきっちりと投下する。

それだけでも驚異的なことなのに、、、

「はやぶさ」大気圏突入前、地球撮影に挑戦

なんと、カプセル投下のため地球とは反対を向いているカメラを、
もう一度地球に向け(つまり半ひねり)、撮影させようという計画らしい。

はやぶさの目に、地球はどんな風に見えるのだろうか?

そして、画像はちゃんと届くのだろうか?


うまくいけば、放出したカプセルも映ることになるのだそうです。


次の日曜日は「はやぶさ」の帰還を見守ろう(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース





by HOOP | 2010-06-13 20:15 | News watch | Comments(0)
<< とにかく早く TWEETY >>