こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』



11月29日に観に行くつもりだったのですが、
結局一日延期で、30日の夜、行ってきました。
いやぁ、遠いですね。あんな不便なところ、もう行きたくないや。

とさえ思ってしまう、恵比寿ガーデンシネマ
どうしてあんなに遠いんでしょう。

あだしごとはさておきつ、
お目当ての作品はイブラヒムおじさんとコーランの花たち
(原題:MONSIEUR IBRAHIM ET LES FLEURS DU CORAN)です。

見に行く前は、いや、観終わるまでは、
「花たち」を、美しいムスリムの女性たちのことなんだろうと
勝手に思いこんでいた私です。
実際には神の啓示に示された「エッセンス」あるいは「美学」みたいな感じなのでしょうか。

戒律主義の父親からモイーズ(モーゼ)という名を与えられたユダヤ人少年だが、
スーフィーのイブラヒムおじさんは彼をムハンマドの愛称「モモ」で呼ぶ。

イブラヒムはモモを連れて旅をする途中、いろいろな宗教の礼拝堂にモモを連れて行く。
ギリシャ正教会、カソリック教会、そしてもちろんモスクも。
いろいろな宗教に触れさせるのはなぜだろう?
そう、ユダヤ教徒だけでなく、キリスト教徒も仏教徒も、もちろんムスリムも、
みな自分の眼を開いて相手を、そして自分を人として見つめなおす必要があるのだろう。
メヴレヴィー教団の旋舞(音楽に合わせて回転しながら無我の境地に至る)も
出てきたりして、、、          楽しく、刺激的だった旅はある日突然終わりを告げる。

ムスリム(イスラム教)についての知識は私もほとんどありませんが、
ムスリムを原理主義とか、キリスト教と対立するものとしてしか見られない人には
イブラヒムおじさんの言動や行為はとても理解し難いものに映るかもしれません。
しかし、いや、だからこそ、観て欲しい映画でもあります。
昨年12月公開にもかかわらず、アメリカで2003年の映画賞に数多くノミネートされたのも
そういう背景を踏まえながら、とても美しい芸術作品に仕上げてあるからでしょう。
宗教がどうのこうの、というのは時間が経ってからふつふつと心中に沸いてきますが、
映画を見ているときには、そんなことは全く感じず、
美しい映像と、主人公の表情豊かな(自然な)演技とに釘付けでした。

そういうわけで、ストーリーを追うだけでも十分に愉しめますが、
もう一歩、前に踏み出してそういったことを考えながら観ると
もっと愉しめる、そんな出来のよい映画でした。

全編に60年代の小気味よいリズムが流れ、
なるほど、ヒゲもじゃさんたち(ユダヤ教正統派)も歩いてるし、
娼婦たちの肌や髪の色もさまざまで
やっぱり、ここはパリなんだよな、と思う一方で、
どこか懐かしさを感じる風景は「三丁目の夕日」と相通じるものがありました。
私は世代的に主人公より少しだけ若いはずなんですが、そのせいでしょうか?

ラストにかかる「WHY CAN'T WE LIVE TOGETHER」(by Timmy Thomas)は
この映画のテーマそのものだったのでしょうか?
無神論者の子として生まれた原作者 Eric-Emmanuel Schmittの、
宗教を求める旅はまだ続いているのでしょうか?

最後に一言。
この映画、泣けません。泣くことだけが感動じゃない、とだけ書いておきます。



Why can't we live together

トラックバック:
パリノルール blog イブラヒムおじさんとコーランの花たち」特別上映あります
ル☆モンド☆マリカ イブラヒムおじさんとコーランの花たち
0120 Blog 『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』を観ました。
「人生はお伽話もしくは映画のよう」 宗教や世代を越えて惹かれあう少年と老人
福津京子と『ゆるくいこうよ!』 イブラヒムおじさんとコーランの花たち
EVERYDAY EVERYTHING EVERY.... イブラヒムおじさんとコーランの花たち見てきました。
Sociologie du droit pour liberer la nature humaine 映画・イブラヒムおじさん -そして、Cadet地区の話
FOR BRILLIANT FUTURE イブラヒムおじさんとコーランの花たち
a piece of cake ! イブラヒムおじさんとコーランの花たち(2003)
あることないことイブラヒムおじさんとコーランの花たち

リンク:
シネマジャーナル 『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』公開に寄せて



[PR]
by HOOP | 2004-12-05 02:29 | Diary | Comments(9)
Commented by HOOP at 2004-12-04 20:21
7NT-RDBLさん、トラックバックありがとうございました。
どうも、エキサイトブログは一部のブログと相性が悪いらしく、
へんてこな文字化けになってしまいます。失礼をお詫び申し上げます。

他のみなさんのために申し添えますと、7NT-RDBLさんのパリノルールブログはパリに関する情報を中心としたブログです。
Commented by mir2004 at 2004-12-04 23:26
読みはじめだったのでモモが誰か分かりませんでしたが、納得でした。これから帰って辞書を片手に読書してみます。いい作品と聞いて更に頑張る気になりました。
Commented by HOOP at 2004-12-04 23:47
mirさん、ネタばれになっちゃいませんでしたか?失礼しました。
Commented by す☆れれ at 2004-12-05 21:11 x
映画の話と関係ないけど、なんでこの記事の日付が12月12日になってんの?
カウンターが変なのと関係ある?
Commented by HOOP at 2004-12-05 21:25
エキサイトブログは投稿日時を指定できるのですが、
こうして、未来の日付にしておくと、トップページに必ず出てくるってわけ。
しばらくはこの記事を「表紙」に使こたれちゅうことやね。
Commented by くじら at 2004-12-06 22:25 x
あぁ、それでか何日も同じ記事なので、
更新してないのかと思っちゃったよ。

うん、ものぐさには、ウケが良くないかも。
いちいち日付は見ないもんねぇ。
Commented by HOOP at 2004-12-07 21:42
なだそりゃー!
んじゃ、とりあえず、ちょっと引っ込めておくわいな。
Commented by kakakai at 2005-03-02 22:26
トラックバックありがとうございました!
なんていうか、全てを受け入れる(というのは人間としておこがましいことなのかもしれないですが)ことの意味を感じさせる映画でした。比喩として宗教が使われていたけれど、自分の人生そのもののあり方を受け止めて生きていくこと、そうすれば人生はすばらしいものだ。モモがイブラヒムおじさんの店を継いで同じようにその日その日を生きていくのだろうなあというラストはほっとします。ゆっくり前に進めばいいのだと。
ああ、コメントだというのに長々と語ってしまいました。まあ、それだけすてきな映画だったということですが。
Commented by HOOP at 2005-03-02 22:31
考えさせる映画なのに後味がいいというのは少ないですよね。
本当の意味で癒される映画でした。
<< 成立するのか? @Niftyバ... 流石は漱石 >>