こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
ノーザンホースパークから追分鉄道資料館


 新千歳空港からレンタカーを借りてドライブ。北海道は、本当に「ドライブ」した気になれますね。もちろん、渋滞しそうな札幌なんかパスパス。新千歳空港にはお昼前に着いたのですが、レンタカーの事務所まで行って手続きしたら、もう12時半。近くのレストランとも考えたけど、ノーザンホースパークへ。食事だけのために、ここに立ち寄る人はそんなに多くはないだろう(笑)。駐車場から近かったカフェテリア形式のレストラン「The kitchen K's Garden」で日替わりランチをいただく。広々とした感じのよいレストランだが、なぜかハエが一匹やってきて、うっとうしかった。天気が悪く、雨もぱらついたので、早々に退散。早来町から由仁町を抜け、岩見沢へと向かう。
 途中、追分町で「鉄道資料館」の看板を発見。何度かうろついて、ようやく「鹿公園」の斜め向かいにあるのをみつけました。とっても目立たない存在なので、通過するたびに見逃していました(北海道でよく目にする「交通安全」の旗くらいしか目印がありません)。
 鉄道資料館のページを見るとわかるように、日本で最後に走ったSLを展示するはずだったのが、火事で焼失したため、同型式のSLを展示しているということでしたが、この日(8月5日)は定例公開日ではなかったため、機関車が保存されている建物の内部は全く見えませんでした。また、雨風を防げる建物があるのはSLだけで、客車2両と貨車2両は屋外展示になっています。客車のデッキには大きなクモが巣を張っていました。
 ★それにしても見つけにくいので、行こうと思った人はご注意を。


人気blogランキングへ
[PR]
# by HOOP | 2004-08-05 15:43 | Travel | Comments(2)
イソップ寓話集
 3日は、仕事が終わってから近く(自転車で約15分)の書店に行き、3時間ほど滞在しました。購入したのは「イソップ寓話集」(岩波文庫)、「細胞紳士録」(岩波新書)、ポケット版学研の図鑑「星・星座」(学習研究社)、「読書の時間に読む本」(ポプラ社)と、まっぷるマガジン「ベストドライブ北海道」(昭文社)。

 蝉が芸能を愛した人間の生まれ変わり、という話はイソップにありました。

 ソクラテスとイソップではイソップの方が早いらしく、獄中でのソクラテスの行動の中に、「イソップを題材にした詩作」があることもわかりました(立ち読みの成果)。

 本日は雑誌の取材。ライターの方も勉強しているのだが、やはりすべてを理解するのは大変らしい。時間がなくなり、不充分な点は後日質問をしてもらうことに。夜はライターと町外れの餃子店「和の中」で懇談。内モンゴル出身の店主が作る水餃子をつまみに大いに盛りあがる。

 明日は三笠鉄道記念館に行ってみるつもりです。


購入者の感想
[PR]
# by HOOP | 2004-08-04 20:49 | Diary | Comments(0)