こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
バイオフォーラム廃止


 @nifty(旧ニフティサーブ)のバイオフォーラム(FBIO)が9月末で廃止されることになりました。思えば、パソコン通信なるものを始めるきっかけになったのがニフティの、しかもバイオフォーラムでした。国立遺伝学研究所のアカウントを既に持っていた私は、e-mailも遺伝研にダイヤルアップ(通信ソフトはMacKermitを使ってました;現行バージョンはここ)しさえすれば使える環境にあったの(といったって、電話回線があるというだけの話)ですが、研究に必要な、特にマッキントッシュベースの研究用フリーウェアが揃ったバイオフォーラムのデータライブラリは、そんな私にもまさに宝の山でした。そのうち図々しく先輩会員たちと交流をはじめ、オフにも参加し、いつの間にか古株になっていましたが、その間にインターネットが猛烈な勢いで普及してきましたね。
 最初はニフティ会員でもインターネットに向けてe-mailを送受信するにはCompuServeのIDが必要でした。データベース検索にはミネソタ大学のGopherサーバーがとっても有難かったし、Webが出現してNCSA Mosaicを使って閲覧できるようになり、そうこうするうちにニフティからも直接インターネットにメールを送受信できるようになりました。その後、会員非会員という区別すら不要なネットワークコミュニティが爆発的に拡がるにいたり、バイオフォーラムも、その存在意義を全うしたと考えることもできるのかもしれません。まあ、ありていに言えば時代遅れだということでしょう。最近では知の集積を目指しwiki版も立ち上げるなど、意欲的な変革に取り組んでいたフォーラムマネージャー(以前はシスオペと呼んでいましたね)の細川さんには、ご苦労様でしたと声をかけてあげたいと思います。

 今後も、元会員同士のコミュニティはどこかに残しつつ、新たな出会いと交流の場として、「Bio-Net」の新たな形を創造していく必要があるのだろうと思いますが、ともあれ、ひとつのコミュニティがその幕を閉じる、ということにはやはり寂しさを感じてしまいます。そのうち同窓会か、いや、その前に「さようならFBIOの会」でもやってはどうだろうか?


バイオフォーラム廃止
(FBIOマネージャー細川さんのココログ「そうぞうしい、ようかめ」)
FBIO閉鎖
(さのしさんのココログ「Solid Days」)

Web (wiki) 版バイオフォーラム
Bio-Net:学術ネットの試み 細川 啓 (1996) JJCS, 3(1), 47-53.




人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2004-08-12 20:06 | PC, Network | Comments(10)
Commented by pegion at 2004-08-12 23:23
niftyは当時草の根ネットしか参加できなかったお子様な自分は、
すごくかっこいい存在でした。2400bpsの世界。
Commented by HOOP at 2004-08-13 07:44
2400bpsのモデムも結構高かったですよね。なにより電話代がかかって、私でも月3万円なんてことがありました。当時のニフティサーブは従量課金だったので、ニフティへの支払いも同じくらいになって、
ま、すぐに「こりゃいかん」となったわけですが。
2400bpsが遅いから電話代もニフティの課金も高くなる。高速モデムにしたいが、その代金を貯める前に支払いで使い果たしてしまう、悪循環でした。
Commented by さのし at 2004-08-14 18:05 x
トラックバックありがとうございます。
自分のブログにも書きましたが、Hoopさんと同じく私がパソコン通信をはじめるきっかけになったのもバイオフォーラムでした。生化若手の会を通じてその存在はは聞いていましたし、一足先に私の研究室の後輩がNifty-serveに入っていてどんな様子かを教えてくれていましたので、興味があり入会さてもらいました。

今のインターネット全盛の時代にはパソコン通信というコミュニケーション手段は時代遅れになっているのは誰でも認めることでしょうが、果たして一般のネット上でも今までのフォーラム会議室のような意義有るものになるだろうかという疑問は抱きます。

とは言っても閉鎖はもうすでに決まったことですから、新しい場は必要になってくるでしょうね。また、同窓会や「さようならの会」があればHoopさんともお会いできるとも思いますので、その時はよろしくお願いします。
Commented by HOOP at 2004-08-14 18:22
さのしさん、ご訪問いただきありがとうございます。

そうだ、大切なことを忘れていました。バイオフォーラムは、もともとニフティだけのものではなかった筈なんですよね。ニフティという場を活用して、それまで草の根的にやってきた活動を拡大しようとしたわけで、ニフティがTTY系サービスを全廃する前に離脱するのだ、というpositiveな考え方をしてもいいのかもしれません。

現実には、ニフティ内にあってもアクセス数、発言数ともに減少して、活動状況は惨憺たるものでしたから、新しい場を創造するとしても、そのことを考えて始めなければならないでしょう。

同窓会の件ですが、とりあえず12月に神戸でなんらかの集まりを持てると思っています。例年ですと「分子生物学会オフ」と呼んでいた、ただの飲み会なんですが、いかがですか?
Commented by 細川 at 2004-08-14 20:02 x
2400bpsのモデムで9600のAPにつなぐとダウンロードが早い、と教えてもらったのもニフティのフォーラムでした(B-plus圧縮がきくから)。課金が高くなるのと通話時間が短くなるのとを比較して、深夜のダウンロードを決行したことがあります(4分10円になるから)。
というのは余談でして、神戸でしたら先駆者の正木さんらにおいでいただけますね(渡辺さんはまだドイツでしょうか)。
Commented by HOOP at 2004-08-14 21:41
細川さん、ご来訪ありがとうございます。
そうそう、いろんな小技を教わったり試したり、ありましたね。

神戸ですが、去年、予約してなくてあきらめたおでん屋という課題が残っています。正木さんも楽しみにしていらっしゃると思います。
Commented by 細川 at 2004-08-21 14:27 x
正木さん、渡辺さんと連絡が取れました。渡辺さんは帰国していたので分生に集まれそうですね。分生は学会事務センターが破綻して大変なようですが、年会は将来事業準備金を取り崩して開催するとか。
Commented by HOOP at 2004-08-25 23:14
学会事務センター問題は大変な波紋を生んでいますね。正木さん、渡辺さんがおいでになれるようでしたら、神戸で一席設けましょう。細川さんの予定はいかがですか?
Commented by ベクター at 2004-10-12 21:49 x
 きょう、分子生物学会の参加申し込みをして、ホテルも予約しました。今年は早めに飲み屋を予約しましょう。
 渡辺さんにはこの3月に会って一晩飲み明かしました。貴重な体験談も聞かせていただきました。バイオフォーラムからスピンアウトした組織の会合でした。その組織もかつてのFBIOのように新人をリクルートする場がなくなったので先の展望に問題を抱えています。FBIOの代替機能を持ったところはないように思います。
Commented by HOOP at 2004-10-13 17:34
>ベクターさん、こんにちは
分子生物学会の参加登録は私もしたのですが、
まだ、参会費は払い込んでません。
ホテルはいつもよりちょっと遠くて、
地下鉄の大倉山駅そばになりました。
JR神戸駅からも歩けるようですが、、、
<< Trackback 立秋を過ぎて >>