こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
メスのペニス、オスのヴァギナ 〜新種トリカヘチャタテの和名は「とりかへばや物語」に由来する〜


メスがオスに乗駕してペニスを挿入する、普通の昆虫とは異なるというか、
全く逆の生殖行動を進化させた新種の昆虫がブラジルの洞窟で発見されたそうです。

b0002954_6544127.jpg

この交尾行動は1回のセッションが40時間から70時間も続くそうです。


b0002954_2164148.jpg

メスには伸縮する交尾器(雌ペニス、写真では先端を赤く染めてある)があります。
雌ペニスの根元には交尾中にオスを拘束するためのトゲが生えている。


b0002954_22253679.jpg

b0002954_2226280.jpg

雌ペニスの先端はオスの体内に挿入され、
精子とともに栄養カプセルを受け取るために使われる。

この栄養カプセルを作ることが、オスの交尾回数を減少させ、
メスが交尾に積極的になるよう進化したということらしい。


北海道大学と慶應義塾大学によるプレスリリース:
交尾器が雌雄で逆転した昆虫の発見 - 北海道大学 (pdf)
(研究成果)
トリカヘチャタテは雌がペニス様の交尾器を持ち,これを雄に挿入することで交尾を行うことが明らかになりました。雌ペニスの根元には多くの刺が生えており,雌はこれを使って,交尾中,雄をしっかり拘束します。トリカヘチャタテの交尾時間は約40~70 時間と極めて長く,この長い拘束時間中に,雌ペニスに開いた管を通して,雌は雄から栄養の入ったカプセルを精子と一緒に受け取ります。栄養カプセルの贈与などにより,雄の生殖にかかるコストが上昇したことで,雄よりも雌の方が早いペースで再交尾が可能になったと考えられます。これにより,雌雄の交尾への積極性が逆転し,雌に強い性選択が働いたことが,交尾器構造の逆転を促したと考えられました。さらにトリカヘチャタテの雌雄の交尾器間には,相互に形が対応するように進化する,共進化の関係が見られました。交尾器の共進化は通常の生物でも見られますが,トリカヘチャタテでは交尾器の共進化においても,逆転現象が生じていました。
(今後への期待)
性の役割が逆転した生物の研究は,性選択理論の一般性の検証に重要な意味を持ちます。また,生物に一般的に見られる性差がどうして進化したのかに関する理解はまだ不十分です。性の役割が逆転した生物の研究は,性差が生じた進化的な背景を探る上で特に重要な意味を持ちます。また「挿入器の逆転」といった大規模な形態の変革は,進化的に極めてまれにしか起こりません。トリカヘチャタテの研究は,そのような進化的革新が生じた背景を探る上でも重要な意味を持ちます。
今回の発見は,応用的研究はもちろん,性選択理論の発展にも全く寄与してこなかった昆虫の,極めて基礎的かつ枚挙的な分類学的研究に端を発しています。生物多様性解明のための基礎研究の重要性が,改めて示されたものと考えています。
*平安時代の宮中を舞台に,姉弟が性別を入れ替えて暮らす様を書いた「とりかへばや物語」からとってトリカへチャタテと名づけた


Kazunori Yoshizawa, Rodrigo L. Ferreira, Yoshitaka Kamimura, Charles Lienhard
Female Penis, Male Vagina, and Their Correlated Evolution in a Cave Insect
Current Biology, Volume 24, Issue 9, p1006–1010, 5 May 2014

なぜか、ニュースから一年経ってしまいましたが、
そういう珍しい昆虫がみつかったことは、
二つの性の成り立ちや進化を研究する上で貴重な材料となることは間違いないでしょう。

どこにいるかって?
ブラジルの洞窟とだけは知っていますが、
ちょっとそこまで調べる時間が、、、

Wikipedia (Engish) のどこかにそれに触れた論文へのリンクがあるかも。


   


人気blogランキングへ




[PR]
by HOOP | 2015-04-08 23:12 | Biology | Comments(0)
<< 誰にしよう 今日は私の投票日 ... 欲しい生活雑貨 >>