こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
vCJDと孤発性CJDは違う
とはいうものの、きちんとした鑑別診断は誰でもできるというわけではないし、
確定診断は死後、解剖してみなければわからないというのですから、もどかしいですね。

しかし、解剖してみなければわからないのに、解剖しようともしないのはどうしてでしょう?

牛解体処理、国内の汚染防止強化急げ (読売新聞)でも、
若くして亡くなった国内のCJD患者さん11名のうち7名は解剖されなかったことが
衆議院農水委員会で明らかにされた、と紹介されています。

ご遺族が反対すれば無理にとは言えない、ということなのかもしれませんが、
「どうして私の家族がこんな病気にならなければいけなかったのか?」と
お嘆きのご遺族にとって、確定診断は心のやすらぎを得るための手段にもなり得ると思います。
神経科の先生方は説得があまりお上手ではないのでしょうか?
[PR]
by HOOP | 2005-03-24 21:03 | Health | Comments(8)
Commented by ma_cocotte at 2005-03-25 01:47
解剖や生検する前にこういう発表があったのですか?
解剖部位が頭蓋骨内ということにご遺族が抵抗があるのかもしれませんね。
にしても「違う」という根拠なしに「違う」と発表できるとなるとその「違う」と断定できる証拠は何なのでしょう?
Commented by HOOP at 2005-03-25 06:48
>ma_cocotteさん
発表はなかったのでしょう。もちろん「違う」という発表もありません。
解剖しなかったのは単に「違うと思ったから」なのでしょう。
Commented by ma_cocotte at 2005-03-25 18:39
先生,「違うと【思う】」と「思う」をつけてしまったら「想像」ではありませんか?(英文論文で使用したら大変ですよね?)
フランスでは先週からCJ患者の追跡が毎回ニュースで流れています。患者がどういう状態になるか具体的ビデオを流していますよ。もちろん恐怖に陥れる目的ではありません。でも見て知ることは大切ですね。

何だかなあ,ブログ徘徊していると「どうしてくれる?」と発症していないのにパニック起している(というか大げさになっている)人もいますし・・・日本人は私も含めて騒ぎが好きなのかなあ?
覚悟したがらないで騒いでいるようにも思えます。
CJ問題はL社のH氏の件と共に私にとっては「傍観オモシロ事項」です。
Commented by HOOP at 2005-03-25 18:44
国内唯一のvCJD認定患者さん、その後フランス滞在歴があったことも判明して、イギリスとフランスのどちらで感染したのかわからないんだそうです。そんなこと、最初からわかるわけないと思っているのですが、それでは納得しない人たちがいるので、どちらか決め付けて発表することになるんでしょうね。
Commented by ma_cocotte at 2005-03-25 23:25
先生,ますますこんがらがってきました。
vCJとCJは起因が別にもかかわらず結果は海綿様脳でほぼ同一ということでしょうか?
フランスでは牛肉にはすべて「フランス産」と明示しておりまして,まあどういう結果になろうと私個人は発症量はすでに食べているものと思われまして・・・Only God Knowsの域に達しております(爆笑)。

納得しない人たちはどちらかのせいで納得したところでどうするのでしょうか?・・・興味が沸いてしまいます(爆笑)
Commented by HOOP at 2005-03-26 13:20
臨床症状はあまり区別できるものがないんですね。
vCJDは若年で発症すること、進行が遅いこと(?)、特異的な脳波のパターンなどで区別するしかないようです。これ以上の鑑別は剖検後に脳の組織を調べて、組織化学的に調べるしかありません。

「日本は大丈夫」という、なんの根拠もない信仰にすがりたいだけでしょう。
そういう人たちにとっては「イギリスはダメ」くらいなら我慢でき、
そこにフランスが加わったところで影響はないけれど、
五月雨式にアメリカも、メキシコも、カナダも、中国も、ブラジルも、
となったら「嫌だ」と思っているのではないでしょうか?
Commented by ma_cocotte at 2005-03-26 16:22
先生,ますますわからなくなってきました(笑)。
「日本は大丈夫」という意識です。
入ってくる牛肉なるものをこれだけ拒んでおきながら,昨年末の地震の対応はかなりギャップがあるのでは?「予防医学」の位置付けはどうなっているのでしょうね。
CJの若年発症例は進行が早いと聞いています。そこがvCJと線を引ける論拠になるのかしらん?うーん。
どっちにしても長年精進料理だけ食べていたなら自身を「大丈夫」と公言できますが,私なんて牛肉大好きだし,私が食べた牛肉がいったい何を食べて育ったかなんて知る由もないし,今,日本政府が「日本は大丈夫」と言ったところで何ら未来予想は変わらないように思います(笑)。
Commented by HOOP at 2005-03-26 16:54
とにかく「二本脳死は大丈夫」(面白いから変換ミスを放置しよう)と
おめでたく信じていれば、無病息災不老長寿なんですよ。
キム体制にどっぷり漬かった北朝鮮人民となんら変わらない
ってことに気付いて欲しいんだけど、無理みたいですね。
<< 梅一輪、咲いて覚える寒さかな 日本の安保理常任理事国入りプロ... >>