こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
「アルファ通信」はなぜ倒産したのか (追記あり)
※(6月19日追記)
本件に関しては、アルファ社の主張および一部報道とは異なり、
アルファ社側にむしろ問題があるとの主張がなされています。
当ブログ管理人としては、当初の記事を削除することも考慮しましたが、
読者が公正な判断をするための一助となればと思い、
以下にアルファ通信側の問題点を指摘する記事を紹介することにしました。

㈱アルファ通信製リアルタイム線量測定システムについて(スライド)
平成26年6月2日、㈱アルファ通信に対する破産手続開始の決定がなされ、以前から報じられていた同社に関する誤った一部報道が再び注目を集めるに至りましたので、この件について過去に私が調べ各所で発表した際に使用したスライドを再構成し簡単な解説を加えたものを公開します。

難解過ぎると思われる部分(測定器のエネルギー特性やエネルギー補償等)については、説明すると冗長になりますので解説を割愛しましたが、この部分の意味がわからなくても、このスライドの主旨にはさほど影響しませんので読み飛ばして下さい。

㈱アルファ通信製リアルタイム線量測定システムについて スライド

最終ページに『よくある疑問・質問』と、それに対する私の回答を掲載しています。



------------------
当初投稿した記事はここからです。

b0002954_21173531.jpg
公害/電話のソリューションカンパニー
株式会社アルファ通信
www.alphatele.com


通信機器リース「アルファ通信」に破産開始決定、負債30億円
官報によると、東京都中野区に本拠を置く通信機器レンタルリース業「アルファ通信」は、6月2日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1982年に設立の同社は、建設工事現場などに対し電話回線や携帯電話・交換機など通信機器のレンタルリース・販売を主力とするほか、騒音振動測定システムやリアルタイム放射線量測定システムのレンタルも手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による建設工事の減少で受注が落ち込むと、文部科学省から受注した福島県内に設置する放射線量測定システムについて「技術仕様を満たしていない」として文科省より契約解除され、それに対し同社は「度重なる仕様変更があった」として契約の不当解除を理由に国を相手取り訴訟を起こすなど信用問題に発展し、遂に債権者から破産手続を申し立てられ今回の措置に至ったようです。

なお、東京商工リサーチによると同社は営業継続中で、今後は破産開始決定の取消が行われる可能性があるとのことです。

2013年4月期末時点の負債総額は約30億円の見通しです。


この倒産の引き金になったのは、まさにこの放射線量測定システムだったのです。
b0002954_21161998.jpg


文科省「放射線量低く見せろ」要求応じず解約になったオンライン線量計
ここで週刊誌の話題から外れることをお許し頂きたい。これを読んでいただいている読者の中には、11月19日(土曜日)の朝刊で以下のような記事を目にした方もいるのではないだろうか。
「文部科学省は18日、福島県内の学校や公園で放射線量を計測する『オンライン線量計』を発注した業者との契約を解除したと発表した。測定精度が低く、結果の送信ができないなどのトラブルで納期が守られなかったためと説明している」(朝日新聞より)
東京新聞などは1面トップだった。この業者というのは東京都中野区にある「アルファ通信」(豊田勝則社長)で、社長は私もよく知っている。

簡単に経緯を書くと、福島の学校などに600台の線量計を設置する工事を「アルファ通信」が落札し、工事を始めたのが9月からだった。線量計を入れるカプセルの仕様が突然変更されたり、台風などもあったことで10月中旬の納期は双方了解して11月に延期した。次の納期は11月14日。600台のうち480台までは設置が完了したが、100台と少しが残ったのは事実である。文科省の契約解除の理由は納期遅れだけである。

しかし、文科省は会見で、記事にもあるように「測定精度が低く」てと計数管にあたかも欠陥があったように話しているが、これは事実とは異なる。いちばん文科省が問題にしたのは、「アルファ通信」の使用している計数管がアメリカ製であることだった。これはアメリで校正(検定のようなもの)をした国際標準の計数管である。

文科省がモニタリングポストなどで使っているのは、国内の日立系の会社の製品である。いまでは知られるようになってきたが、文科省が発表している放射線量は、モニタリングポストを高いところに据えたりして、市町村が発表している数値より低い。

子どもの背丈のところを測らないのでは意味がないという批判が巻き起こり、今回は地上50センチに設置することになった。しかし数値がモニタリングポストより高く出ることに怯えた文科省は、「アルファ通信」の線量計の数値が低く出るよう仕様変更することを強硬に要求してきたのである。

聞くところ、期限ギリギリになっても「アルファ通信」の技術者を丸一日缶詰にして、アメリカ標準ではなくここは日本なのだから日本標準にせよとの一点張りで、聞く耳を持たず。その結果、設置の仕事にも影響が出てしまったというのだ。

このことが指し示している最大の問題点は、文科省が発表している放射能の線量は人為的に操作され、低く出るようにせよとメーカー側に要求し、それを飲まなければ切るという理不尽とも思えるやり方をしていることである。「アルファ通信」側はこうした問題を含めて、記者会見を開く意向である。また、こうした官僚たちのいい分を、少しも検証することなく垂れ流す新聞にも猛省を促すつもりである。



政府の発表する数値がデタラメであることを示すだけでなく、
善意の事業者に本来であれば不必要な圧力を加えたばかりか、
多額の負債を発生させて倒産させても平気でいる。

正直者が馬鹿をみるこの国は、
これからいったいどうなっていくのでしょう?

既にネットではこれが「みせしめ」であるという論調まで出ていますが、
マスメディアは相変わらずダンマリを決め込んでいます。







人気blogランキングへ



-
[PR]
by HOOP | 2014-06-14 21:34 | News watch | Comments(0)
<< おはようございます 暑くないかい? >>