こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
一方的な「めでたし、めでたし」を生まないために
b0002954_2333237.jpg


最優秀作品だそうです。

すばらしい視点を提供してくれました。

こういう見方をし続ける、
それができる環境を維持する、

そういうことが、とても大切な世の中になっているような気がします。


013年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」結果発表
 日本新聞協会広告委員会が今年度「しあわせ」をテーマに実施した「新聞広告クリエーティブコンテスト」には、全国から1,069作品の応募がありました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました。本コンテストは、若いクリエーターの皆さんに、新聞広告の可能性を広げるような独創的で斬新な作品を作っていただくために実施しています。クリエーターの副田高行、一倉宏、児島令子、佐野研二郎、服部一成、前田知巳の各氏と新聞協会広告委員会の正副委員長の10人による審査会を経て、最優秀賞をはじめとする5賞5作品を決定しました。桃太郎に父親を殺されたという鬼の子どもを描いた最優秀賞の「めでたし、めでたし?」は、審査委員から「鬼の子どもにとってはそうなんだ、と読み手の心に小石を投げるような作品だ」「“逆からの視点”で幸せとは何かを考えさせる発想が抜きんでている」「新聞協会が選ぶ広告コンテストのグランプリにふさわしい、エッジの効いた作品だ」と高く評価されました。

 入賞作品は11月から日本新聞博物館(横浜市中区)で展示します。

 また審査会では、「入選から漏れた作品もぜひ多くの人に見てもらいたい」との提案があり、今年も最終審査に残った12作品を入賞作品とともに「新聞広告の日」に合わせてプレスセンタービル1階(千代田区内幸町)で展示するとともに、本サイト上で紹介することとしました(→こちらからご覧いただけます)。



衝撃的な広告・・・『ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。』



桃太郎
桃太郎
posted with amazlet at 15.05.06
芥川 龍之介
ピエ・ブックス
売り上げランキング: 583,325




人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2013-10-19 23:11 | Watching | Comments(0)
<< おはようございます 臨時快速急行 片瀬江ノ島行き >>