こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
吉田恭一さんの証言
福知山線5418M 一両目の真実

昨日、同僚がふと私に言った言葉があります。
毎年、4月になると電車の停止位置がずれるよね。
運転室に2名乗車している電車は要注意だよ。


その通りかどうか、私には判断がつきませんが、
4月はそういうことに気付きやすいと経験しているとのこと。

4月は大きな鉄道事故を思い出す月でもあります。

言うまでもない桜木町での火災事故(1951年)
そして、8年前の福知山線脱線事故です。


b0002954_17192164.png


今日は、一日中だらだらと昼寝をし、
あまり夢見が良くなかったなと思ったのですが、

その後で2時間かけて「福知山線5418M、一両目の真実」という手記を
ネットで読みました。

書いたのは「廃線跡を旅する」と題したページを主宰する吉田恭一さん。


福知山線脱線事故の被害者として生還した吉田さんが、
事故直前の様子から事故の瞬間、救出されるまでの状況など
細かく書いておられます。

おそらく、著書「福知山線5418M 一両目の真実」そのものと、
それほど違わない物と思いますが、
実に読み応えのある記録でした。


そう、あのマンションは廃線跡に建てられたマンションだったんですよ。

地形図で辿る廃線跡―古地図とともにいまはなき鉄道を歩く
吉田 恭一
心交社
売り上げランキング: 485,785




人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2013-04-17 17:30 | Reading | Comments(0)
<< 殺人未遂 ムナグロ君 >>