こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
海外ドラマシリーズ「エンデバー号の冒険」


昔、NHKTVでやってたドラマ「エンデバー号の冒険」、
オーストラリアで製作されたドラマで、原題は「Barrier Reef」。
とっても面白かったんですけど、
今はどうすれば見られるのでしょうね?

NHKで放送されたのは1971年からだったそうですが、
オーストラリアでオリジナルが放送されたのも
ほぼ同じ時期だったわけですね。
30分ものの海洋冒険ドラマはAustralian TV開設初期の20年間に
全部で3シリーズが製作され、「Barrier Reef」は3作目。
いずれも船を舞台とした家族で視聴することを前提としたドラマだったそうです。

そのせいか、出演者も美人とか美形とかいうのとはちょっと違っていましたね。
まあ、時代背景から、女性のミニスカートは当然だったのですが、
あんまり、というかほとんど色っぽい場面どころか、
色恋沙汰は一切ありませんでしたね。
人間がからむトラブルになると、
密輸業者や密猟者などの悪人と船のメンバーが対決する
勧善懲悪のわかりやすいストーリーで、
結局、船のメンバーがいかに困難を克服して
悪人をやっつけるか、という展開でした。

舞台になったエンデバー号は古い帆船ですが、
現在もシドニーのダーリンハーバーで訓練船として活躍中の
「The New Endeavor」なのでしょうか?
(エンデバーはオーストラリアの父ともいえる
 クック船長の船の名前なので、オーストラリア人の気持ちとしては
 おいそれとは使える名前ではないでしょう)
物語では船内に最新の海中モニターシステムなどを備えた
海洋調査船という設定になっていましたから、
船底からダイバーが外部に出ることもできるように
エアロックを備えていることになっていました。
(まあ、そこはフィクションですから)


もともと35mmフィルムで撮影されたものだし、
アメリカでも放映したらしいし、
DVD化すればそれなりに売れると思うんだけどなぁ、、、



★それにしても全39話の登場人物やあらすじまで調べてあるとは、
おそるべしClassicAustralianTV.com

memorabletv.comの該当ページ

Vintage Scuba Diver 映画リスト (VINTAGE DIVERさんのコレクション) 

船名「エンデバー(The New Endeavor)」の由来

マリンワールド海の中道・海の中道海洋生態科学館の高田さんも、
このドラマを見て影響を受けたひとりだそうです

(通博生活メルマガインタビュー「博物館をおもしろくするあの人この人」)

★「エンデバー」といえば、
 今の若い人はスペースシャトルになっちゃうんだろうな、、、







人気blogランキングへ
[PR]
by HOOP | 2004-08-31 21:49 | Misc. | Comments(4)
Commented by 栄次郎 at 2004-10-25 18:43 x
はじめまして。 HOOPさん。

あいやー、まさかこうまでクリーンヒットするとは!!
ありがとうございます。
ン年来の願いがかないました!!

ふっふ。テーマ曲メロディ、鼻歌ならまだ歌えます。:-)
って、最初の出だしだけっすが。

そうですね! ぜひDVD発売してほしいものです。

オーストラリアTVのSFものもおもしろいですよね。
2,3年前やっていた、「さんだーすとーん?」なんてのも
おもしろかったし。。
Commented by HOOP at 2004-10-26 17:16
>栄次郎さん
いらっしゃいませ。
「エンデバー号の冒険」情報を探していらしたんですね。
GBRの大自然を舞台にした海洋冒険ドラマ、
なかなかテレビを視る機会のなかった中学生時代の思い出です。

SFでもお国柄って出ますよね。
私はサンダーストーンを知りませんが、
やはりオーストラリアらしいストーリーなのでしょうか?
Commented by 栄次郎 at 2004-10-26 21:06 x
ありがとうございます! HOOPさま。

ふっふ。拙者は小学生高学年の思い出。
潜水中も会話ができる、というのがカッコよくて
好きでした。
はは、2004年現在でもあんな風にきれいな
会話ができる器具はできていないみたいですね!!
「シュー、ざざー」っていう雑音がはいって耳障りな
会話しかできないようで。。。:-)

添付のURLをご参考ください。
そうでしたかー、ごらんになられていませんでしたかー。
はは、TV依存オヤジとちがって、HOOPさまは
あまりTVに依存されていられないみたいですね。
TVを「あえて」もたない!人だったりして。。。

今後も楽しみに読ませていただきます。
Commented by HOOP at 2004-10-28 22:14
>栄次郎さん
いやいや、私もTV依存オヤジですよ。
ただ、見る時間が取れないだけです。
朝はほとんど見ないし、夜も10時からのニュースだけで、
あとはたまに日曜夜や、深夜のBSで洋画を見るくらいかな。
DVDなら、レンタルビデオと違って返却の期限を気にする必要がないし、とかいいつつDVDなんて「ファーゴ」1枚しか持っていないし、DVDプレイヤーも持ってなかったりしますが。
<< のんべえクマさんが飲んだビールは? 石田屋のやきそば >>