こまかいことにこだわってみるのもいいかもね (2003年8月クルーガー国立公園 Photo: E. Bailey)
by HOOP
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
HOOPってこんな奴
 かつてスキンの絵柄が女性だったからといって女性が書いてるとは限らないだろ。これが意外どころか、そのものズバリの脂ぎった中年男だったりするのだ。まあ、気持ちだけはいつまでも14歳くらいだったりするんだけんども、そんなこと言われたって気味悪いだけだろうしな。

 あ、そういえば、ブログホイホイに捕獲されちゃいました。アクセスアップだけじゃなくて、けっこう面白いブログに出会えるから意外と使えるかもね。

 なお、コメント、トラックバックは大歓迎です。トラックバックの際には、当方記事へのリンクをお願いしております。




yoyaQ.com

新規モニター登録

ブログ広告ならブログ広告.com


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

フィードメーター

あわせて読みたい





フルーツメール


[リンク]
リボゾーム
「多摩センター動物訴訟を応援する」
岩手といえば
モデルのダイエット
ブログホイホイ



ブログでブームはブロモーション



にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

TREview





タグ
ミサイル防衛といえば
当然、思い出すのはNORAD!

そして、クリスマスといえば

これまた当然、思い出すのはNORAD!






というわけで、今年は50回目になります。

NORADの第50回サンタクロース追跡プログラム(日本語版)

表紙ページから言語を選ぶほうが、本当らしいかな?
当然のことながら、英語ページが最も充実していると思ってます(笑)

(サンタクロースからのメッセージ.mpgは画像をクリック)


そういえば、小型機の低空飛行(2000ft以下)を禁止する条例に唯一の例外として
「クリスマスイブに限り、空飛ぶトナカイおよびそれが引く荷物を除く」
"16.16.180 Flight over the city-Minimum altitude.
B. Exemption for Flying Reindeer on Christmas Eve. On Christmas
Eve only, flying reindeer and any cargo they may be towing shall be
exempt from the two-thousand-foot height restriction and other
provisions of subsection A of this section. (Ord. 92-85 � 1, 1985;
prior code Ё 2-3-8, 2-3-8(e))"
 と定めていたユタ州ソルトレイクシティで、
市の航空当局がこの例外条項の削除を求める条例案を議会に提出し
議論になっていると報じられた
のは9月のことでした。(*)
条例改正案は議会で可決されたのでしょうか?(**)
そして、ソルトレイクシティの子供たちは、どうしてるのでしょうねぇ。

ソルトレイク上空でサンタ撃墜もありか?へのコメントが可笑しかった。
  「彼らは、アルカイダの連中がトナカイを訓練して空を飛ばしたり、
  おもちゃ袋に小型核爆弾を仕込んだりするんじゃないかと、
  本気で心配してるんだよぉ~!」だって!(笑)

** 奥村弁護士の見解 に条例の原文がありましたので、
  上記の引用も本物に変えておきました。
  ちなみに、改正後の原文はここにありますが、
  トナカイ条項は残っていました!!
  奥村弁護士の見解によれば改正を要するのは直前のA項で,
  最低高度の基準としている連邦の規程(番号で指定している)が
  なくなっていたからだそうです。
  改正前は2000ft(600m)だったのが、改正後のトナカイ条項では
  「前項の規定する最低高度規制を免れる」となっているので、
  もはや核心部分とは関係なくなってしまったはずなんですね。
  (現在のFAA規程では都市上空は1000ft(約300m)となっており、
   改正条例では「FAAの規程に従うこと」となっています)


トラックバック:
      女子中学生お弁当日記 「クリスマス
      another untitled project 「イヴの夜にはサンタを探せ!
      日々の移ろい 「サンタ追跡の準備はいいですか
      話題のナレッジベース 「NORAD サンタ追跡に支障!?
      奥村弁護士の見解 「最低飛行高度「サンタのそりは除外」 米で条項削除論議

NORAD:
      北米航空宇宙防衛司令部(とは?) 公式ページ(英文)






[PR]
by HOOP | 2004-12-22 21:11 | PC, Network | Comments(4)
Commented by す☆れれ at 2004-12-25 12:03 x
表紙から入って色々な言葉のページを見たんですけど、サンタクロースって世界中どこでもサンタクロースだと思っていたら、そうでもないんですね。
スペイン語の「PAPA NOEL」ってなんとなくかわいらしい感じがしました。
Commented by HOOP at 2004-12-25 20:18
ポルトガル語も、同じニュアンスの響きでしたね。
いろいろあるもんです。
Commented by xenical2000 at 2004-12-27 23:40
トナカイのソリには高度計が装備されているのでしょうか?
ビックリなソルトレイク市の条文改定ですね。
Commented by HOOP at 2004-12-28 14:22
NORADによれば、ソリはかなりハイテク仕様になっているようですよ(笑)
サンタカムがとらえたソリのコックピットには、
サンタさんの正面に15インチほどのオールインワンディスプレイがありました。
ソルトレイク市は2000ftの連邦ルールがなくなってしまったので、
それに従っている文言の改正を検討したわけですが、
「ついでに」トナカイ条項を削除しようとしてしまったんですね。
奥村弁護士は「トナカイもソリも『航空機』とは認められないので、
例外条項などなくても、低空飛行して構わない」という見解のようですが、
市議会では、条項を残すかどうかについて大真面目で議論したみたいですね。
<< サンタさんは来ましたか? みさいる >>